オリゴ糖が発見された医学的根拠

便秘解消に抜群の効果があるオリゴ糖ですが、ただ単に効果があるというわけではなく、オリゴ糖が便秘解消に効果的な理由はしっかり医学的な面でも研究されていて、証明されているということをみなさんご存知でしたでしょうか?

オリゴ糖が便秘解消に良いのは、腸内環境を促す役割で善玉菌であるビフィズス菌を増殖する為のエサになれるという理由からなのですが、これには明確な医学的実験でしっかり証明されています。オリゴ糖が実際に発見されたのは、昔の赤ちゃんの健康状態を調べることで発見できたとされています。人工的なミルクで育った赤ちゃんと母乳で育った赤ちゃんを比べてみると、母乳で育った赤ちゃんは下痢などの腸内トラブルが人工的なミルクで育った赤ちゃんよりも割合が低かったのです。

そして、その母乳を調べてみると、母乳の中にはオリゴ糖が存在していることが分かり、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになれるので、便秘解消に効果的と言える糖分として、販売されるようになったのです。このような医学的な根拠があり、オリゴ糖は便秘解消に非常に効果的となっていますので、便秘解消の方はぜひ、ビフィズス菌とオリゴ糖をセットで摂取することをおすすめします。ちなみに今販売されている粉ミルクなどにもこの件で発見されたオリゴ糖を配合している商品がほとんどです。

オリゴ糖は糖分の一種

便秘解消に良いとされているオリゴ糖。オリゴ糖は糖分の一種なので、別の糖分でも便秘解消に効果があるのではないか、と疑問に思う方も多くいるでしょう。なぜ同じ糖分でもオリゴ糖だけ、便秘解消に良いのでしょうか?オリゴ糖は他の糖分とは異なり、体内に取り入れた場合、胃で消化されずにしっかりと腸まで行き届き、ビフィズス菌のエサになることができるのです。

オリゴ糖は他の糖分とは構造が異なっていて、複数の糖分が結びついて結成している糖分なのです。具体的には果糖やブドウ糖、ガラクトースなどといった2~3種類以上の糖分が結びついてできた糖分をオリゴ糖と呼びます。複数の糖分が結合してできたオリゴ糖は単独の糖分とは違って、非常に消化されにくいので、前述した通り胃で消化されずに腸までしっかりと生き届くのです。腸まで行き届けば、あとは腸内にあるビフィズス菌のエサになりますので、それをエサにビフィズス菌が増殖し、腸内環境を促し、便秘解消の効果が実感できると言えるのです。

このような理由から別の糖分とは違った働きを持つことができるオリゴ糖なのですが、複数の糖分という意味では、砂糖なども2種類の糖分が結成されている糖分ですので、オリゴ糖と呼ばれる場合もありますが、便秘解消の働きを持つオリゴ糖は最低でも3種類以上となっているため、実際に販売されているオリゴ糖では、3種類以上の糖分を含む商品をオリゴ糖と呼びます。

オリゴ糖を取り入れる理由

便秘解消に良いとされているもので、食物繊維の摂取というのも多いですが、同じくらい多いのがオリゴ糖の摂取です。オリゴ糖が便秘解消に良いとされている理由は、ずばりビフィズス菌を増やすことができる役割を持っているからなのです。便秘の原因の一部として、ビフィズス菌が少ないことが挙げられます。腸内運動を促す為にはビフィズス菌が必要不可欠であり、これが体内で少ないと便秘を引き起こします。つまり、このビフィズス菌が多ければ便秘になることはないのです。

しかし、ビフィズス菌は単体で増えることができません。そのビフィズス菌を増やすエサになるのが、オリゴ糖なのです。従って、オリゴ糖を体内に取り入れるとビフィズス菌が増殖して、腸内運動を活発にし、便秘解消を促すという効果があるのです。そして、体内には悪玉菌という菌も存在し、その悪玉菌をやっつける役目をしているのが、善玉菌です。ビフィズス菌はこの善玉菌の一種ですので、オリゴ糖を摂取してビフィズス菌を増殖させることはもちろんのこと、ビフィズス菌も体外から体内に取り入れることで更に善玉菌であるビフィズス菌を増やすことができますので、オリゴ糖だけではなく、同時にヨーグルトなどのビフィズス菌も摂取してあげると更に便秘解消に繋がることでしょう。

便秘の原因

日本だけでなく世界では便秘に悩まされる人が多くいるかと思いますが、なぜ人々は便秘になってしまうのでしょうか?また、便秘で今実際に悩んでいる人の中で、自分がなぜ便秘になっているのか?という原因や便秘のメカニズムを知らない人も多いのではないでしょうか?便秘解消に良いとされているオリゴ糖は聞いたことがあるかと思いますが、オリゴ糖は腸内環境を整えるビフィズス菌を増やすエサになる為、オリゴ糖を摂取すると便秘に良いのですが、今回はまずなぜ便秘になってしまうのか?というところをご説明させていただきます。

便秘の原因で大きく関係しているのが、運動不足です。また、運動不足の中でも腹筋の衰えは排便をする際に非常に重要な部分として挙げられ、いわゆる腸の蠕動運動が促進できない為に便秘を発症してしまうというケースが多くあります。排便は生まれたときから自然と行っている行為ですので、あまり意識している方は少ないかもしれませんが、排便をする際に腹筋を使って蠕動運動を促進し、便は外に出ているのです。従って、この腹筋が衰えてしまいますと、蠕動運動が促進できずに、便が腸に溜まってしまい便秘を発症させてしまうのです。

また、運動不足は体内変化だけではなく、ストレスや自律神経を狂わせてしまい、それも便秘の原因に繋がるのです。適度に運動をすることで胃腸の働きに大きな影響を与える副交感神経を活発に動かす役目が働きますので、便秘を発症せずに済むのです。また、運動をする場合は激しい運動よりもジョギングのような軽めの運動をした方が副交感神経を高めますので、その場合は軽めの運動を心掛けて下さい。