オリゴ糖を取り入れる理由

便秘解消に良いとされているもので、食物繊維の摂取というのも多いですが、同じくらい多いのがオリゴ糖の摂取です。オリゴ糖が便秘解消に良いとされている理由は、ずばりビフィズス菌を増やすことができる役割を持っているからなのです。便秘の原因の一部として、ビフィズス菌が少ないことが挙げられます。腸内運動を促す為にはビフィズス菌が必要不可欠であり、これが体内で少ないと便秘を引き起こします。つまり、このビフィズス菌が多ければ便秘になることはないのです。

しかし、ビフィズス菌は単体で増えることができません。そのビフィズス菌を増やすエサになるのが、オリゴ糖なのです。従って、オリゴ糖を体内に取り入れるとビフィズス菌が増殖して、腸内運動を活発にし、便秘解消を促すという効果があるのです。そして、体内には悪玉菌という菌も存在し、その悪玉菌をやっつける役目をしているのが、善玉菌です。ビフィズス菌はこの善玉菌の一種ですので、オリゴ糖を摂取してビフィズス菌を増殖させることはもちろんのこと、ビフィズス菌も体外から体内に取り入れることで更に善玉菌であるビフィズス菌を増やすことができますので、オリゴ糖だけではなく、同時にヨーグルトなどのビフィズス菌も摂取してあげると更に便秘解消に繋がることでしょう。

Pocket