オリゴ糖が発見された医学的根拠

便秘解消に抜群の効果があるオリゴ糖ですが、ただ単に効果があるというわけではなく、オリゴ糖が便秘解消に効果的な理由はしっかり医学的な面でも研究されていて、証明されているということをみなさんご存知でしたでしょうか?

オリゴ糖が便秘解消に良いのは、腸内環境を促す役割で善玉菌であるビフィズス菌を増殖する為のエサになれるという理由からなのですが、これには明確な医学的実験でしっかり証明されています。オリゴ糖が実際に発見されたのは、昔の赤ちゃんの健康状態を調べることで発見できたとされています。人工的なミルクで育った赤ちゃんと母乳で育った赤ちゃんを比べてみると、母乳で育った赤ちゃんは下痢などの腸内トラブルが人工的なミルクで育った赤ちゃんよりも割合が低かったのです。

そして、その母乳を調べてみると、母乳の中にはオリゴ糖が存在していることが分かり、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになれるので、便秘解消に効果的と言える糖分として、販売されるようになったのです。このような医学的な根拠があり、オリゴ糖は便秘解消に非常に効果的となっていますので、便秘解消の方はぜひ、ビフィズス菌とオリゴ糖をセットで摂取することをおすすめします。ちなみに今販売されている粉ミルクなどにもこの件で発見されたオリゴ糖を配合している商品がほとんどです。